貴重資料の利用(学外者)

学外者の方が本学所蔵の貴重資料を利用する際の手続きについて説明します。

 

学術的な調査・研究のために熊本大学附属図書館に所蔵されている貴重資料の利用を希望する方は、下記のように利用申し込みを行ってください。申請から利用許可が下りるまで約1週間かかります。申し込み日当日の利用には対応できかねますのでご注意ください。

 

【注意】

細川家北岡文庫(永青文庫)のご利用にあたっては、申し込み方法が異なりますので、

「細川家北岡文庫(永青文庫)の利用(学外者)」を参照してください。

 

1.事前に、熊本大学附属図書館長宛に「利用申込書」を提出してください。

2.書式は自由ですが、閲覧・撮影の別、史料名、利用目的等の明記をお願いします。

 (1) 1回の利用申し込みにつき、史料点数は20点までです。

 (2) マイクロフィルムがある史料については、マイクロフィルムの利用を優先します。

3.利用希望の日時については、他の利用者と調整する必要がありますので、必ず電話等で別途ご相談ください。

 (事前にご相談のない場合、ご希望に添えないことがあります。)

4.附属図書館長の許可を得た上で、こちらから連絡を差し上げます。

  • 申込受付時間  [月-金(平日)] 9:00-16:30
  • 閲覧可能時間  [月-金(平日)] 9:00-16:30

 【問合せ先】

 熊本大学附属図書館  利用支援担当

 〒860-8555 熊本市中央区黒髪2丁目40-1

 TEL : 096-342-2243 FAX : 096-342-2210

 

翻刻・復刻・掲載・テレビ等の放映

上記と同様に手続きを行ってください。

利用目的が「学術、教育、文化に寄与する」と認められるもので、かつ、他の方の人権等を侵害しないものに限らせていただきます。

 

(許可する場合の例)

 貴重資料の一部の図版を、学術図書、学術論文に掲載する場合

 貴重資料の画像を使って作成した教育番組を放映する場合

 

(許可しない場合の例)

 企業の宣伝資料に使用する場合

 

 許可条件

 利用の許可申請にあたっては、以下の許可条件に全て同意を得たとみなします。

 違反した場合には、許可の取消を行うことがあります。

  • 利用期間は、許可日から発行部数を出版した日、または放映した日までとなります。
  • 出版・放映に関する一切の費用および手続きは、申請者の負担で行なってください
  • 原本の所蔵について「熊本大学附属図書館所蔵」と明示してください
  • 提供資料の改竄等は禁止します。
  • 出版前に、掲載箇所の印刷見本等を1部提示し、本学職員の確認を受けてください
  • 出版・放映後、提供資料を翻刻・覆刻・掲載した出版物(もしくは番組を収録したビデオ)を、1部寄贈して頂きます
  • この許可に基づく権利を、本学の承認なく第三者に譲渡すること(他の方に二次利用させること)はできません
  • 申請者が許可条件に違反したとき、または掲載目的等の変更により、掲載の必要がないと認められるときは、許可の取り消しを行なう場合があります。その際に生じた申請者の損害について、本学は一切の責任を負いません