第9回「東光原文学賞」大賞・優秀賞が決定しました【1/13】

附属図書館では、「熊本大学東光原文学賞」を毎年開催し、
熊本大学の学生が執筆した小説を募集しています。

第9回「東光原文学賞」では、昨年を倍増する28篇の応募作品があり
その中から大賞1篇・優秀賞4篇が選ばれました。

作品名、作者(ペンネーム)は以下のとおりです。
---------------------------------------
【大 賞】  
「雪の下に咲く」 黒瀬 優 (PN) (工学部4年) 

【優秀賞】   
「アジサイの日」 木乃 一孝(PN)(法学部3年)    

「若狭と鉄炮」  野良犬 (PN)  (文学部4年)

「臨時運行レトロトレイン」 藤崎 銀杏(PN) (教育学研究科1年)

「縁者欠格」   三杉 望海(PN) (文学部4年)

 enlightened受賞作品は、29年3月刊行予定の 『第9回熊本大学東光原文学賞作品集』 (冊子)で読むことができます。
  ご期待ください!!
 
---------------------------------------
 <選考委員長>       
 坂口 至     熊本大学 文学部教授
 
 <選考委員(五十音順)>
 跡上 史郎   熊本大学 教育学部准教授
 岩瀬 茂美  熊本日日新聞社 文化生活部次長 論説委員        
 

 
 
◆過去の受賞作品(第1回~8回)は、全てホームページで公開しています → 熊本大学東光原文学賞
 作品集の冊子も、中央館・医学系分館・薬学部分館で配付していますので、目に留まったら・・・すぐにどうぞ!(無料)laugh
 
    

***応募作品は、ペンネーム・所属等の背景を一切明かさず、タイトルと小説のみにて審査されたものです。