お知らせ

 
国立情報学研究所(NII)の電子図書館(NII-ELS)事業により、CiNii Articles上で各学協会誌及び大学紀要の論文PDFが提供されておりましたが、
当事業が平成29年3月に終了したことに伴い、これらの論文PDFが利用できなくなっております。
従来からの検索機能は引き続き利用可能です。
 
 
利用できなくなった論文PDFのうち、他プラットフォームへ移行済みのものは、そのプラットフォームで利用が可能です。
移行先については以下のリンクよりご確認ください。
 
熊本大学附属図書館 図書館課では,「平成28年熊本地震」の発生から5月末までの復旧活動に係る業務記録を作成し,熊本大学学術リポジトリに掲載しました。
どうぞご覧ください。
 
附属図書館では、熊本大学の学生を対象とした
「熊本大学東光原文学賞」を毎年開催しています。

平成29年3月に「第9回東光原文学賞」の作品集を刊行しました。
◇作品集(冊子)は、中央館・医学系分館・薬学部分館で配布していますので、ご自由にお持ちください。(無料)
   ホームページでも全文を公開しています。→「第9回東光原文学賞作品集」
熊本大学附属図書館では、図書館報「東光原ニューズレター23号」を刊行しました。
今号では、「第9回東光原文学賞」の発表と特集として「受賞者のインタビュー」を掲載しています。
受賞者の思いや創作の裏話など、作品(3月刊行予定)と共にご覧ください。
 
中央館、医学系分館、薬学部分館で無料配布しています。
また図書館ホームページでも公開しています。
どうぞご覧ください。
 
図書館で重複等により除籍が決定した図書を、学生の学習支援のため
無料でお譲りします。ご希望の方は、実施期間内にカウンターへお越
しください。

★2月8日(水)追記---
なお、最終日の2月9日(木)は譲渡冊数を無制限とします。
ふるってお越し下さい!
------
 
   ◆対象者: 熊本大学に在籍する学生
  ◆実施日時: 平成29年1月26日(木)~27日(金),
              1月30日(月)~2月3日(金),
              2月 6日(月)~9日(木)
         9:00~12:00,13:00~17:00
            (※土日は対応しておりません。)
  ◆1人5冊まで(※最終日2月9日(木)のみ冊数無制限)
  ◆個人の学習用に限ります
 
附属図書館では、「熊本大学東光原文学賞」を毎年開催し、
熊本大学の学生が執筆した小説を募集しています。

第9回「東光原文学賞」では、昨年を倍増する28篇の応募作品があり
その中から大賞1篇・優秀賞4篇が選ばれました。

作品名、作者(ペンネーム)は以下のとおりです。
---------------------------------------
【大 賞】  
「雪の下に咲く」 黒瀬 優 (PN) (工学部4年) 

【優秀賞】   
「アジサイの日」 木乃 一孝(PN)(法学部3年)    

「若狭と鉄炮」  野良犬 (PN)  (文学部4年)

 
第9回 熊本大学「東光原文学賞」表彰式 は、

平成29年1月13日(金) 11:30 に開催します。

 
今回は、昨年を倍増する28作品の応募があり、厳正なる選考の結果、受賞作品5篇が決定しました。
 

大賞・優秀賞は、表彰式で発表します!

 ◇大賞   1篇
 ◇優秀賞 4篇
 
1月下旬より、熊本大学の定期試験が実施されます。
試験期間前、および試験期間中は、熊大学生の図書館利用がたいへん
多くなり、机・椅子が不足します。
そのため1/23(月)~2/10(金)は、
中央図書館において熊大学生の利用を優先します。
学外利用者の方々へは、大変ご迷惑をおかけしますが
上記期間の利用をご遠慮くださいますようお願いいたします。
 
第9回 熊本大学「東光原文学賞」には、昨年を倍増する作品の応募があり
厳正なる選考の結果、受賞作品5篇が決定しました。
 
 ◇大賞   1篇
 ◇優秀賞 4篇
 

大賞・優秀賞の発表は、平成29年1月13日(金)です!

 
附属図書館(中央館)1階ラーニングコモンズにおいて、11時30分から表彰式を執り行います。
どうぞご期待ください。
 
 
 
 附属図書館運営委員会での決定及び各研究室への購読調査結果に基づき、2017年1月から下記リストのとおり電子ジャーナル(以下、EJ)の中止を予定しておりますのでお知らせいたします。
 
 
 上記リスト内のEJについて、各研究室予算での購読継続希望がございましたら、附属図書館雑誌担当宛にご相談ください。2017年版の更新手続きが完了しましたら、再度購読中止決定EJを図書館HP上でお知らせいたします。
 
(2017/3追記)
 上記リストのとおりEJの中止が確定しました。2017年7月には2018年版外国雑誌契約の購読調査を予定しておりますので、リスト中のEJについて各研究室予算での購読希望がございましたら、そちらでお申し込みをお願いいたします。
 
コンテンツ配信