中央

  • 熊本大学学術資料調査研究推進室
     「ハーンの『東の国から』発刊120年記念シンポジウム」を開催します。
     
     ラフカディオ・ハーンは19歳の時、移民船でニューヨークに着き、アメリカ合衆国で主にジャーナリストとして活躍。約20年後、来日。 第1作の『知られざる日本の面影』(1894)はハーンの熊本滞在中に刊行される。第2作となる『東の国から』(1895)は、熊本滞在中(1891.11-1894.10)に取材・見聞・体験したものが中心的内容となっています。
     ハーンの日本理解が更に深まり、日本と西洋の優れた比較文化論的作品になっていると言われます。好評だったようで、たちまち版を重ねております。
     『 東の国から 』は熊本を舞台とした「夏の日の夢」「九州の学生とともに」「永遠の女性」「生と死の断片」「石仏」「柔術」「願望成就」など多くの名作が入っていますが、本シンポジウムは、この中のいずれかの作品に基づいて論じられます。
     
     
    日時 : 平成27年11月19日(木) 14:30~16:00
     
    場所 : 熊本大学附属図書館(中央館)1階
    ---------
    【パネリスト】
    ◇永尾 悟 「永遠の女性」と英文学の女性像
    ◆西槇 偉  ハーンと豊子愷を比較して読む ― 「九州の学生と共に」における師弟関係を手がかりに
    ◇濱田 明 「柔術」にみる東洋と西洋
    ◆西川 盛雄 「石仏」にみる東洋と西洋の比較
       <進行係> 福澤 清
    ---------
    enlightened 入場無料。 どなたでもご参加いただけます!
     
     
      27_Hearn.jpgポスター(PDF 123KB)もご覧ください。
     

    主催:熊本大学学術資料調査研究推進室 / 熊本大学附属図書館
     
     
  • 第10回ホームカミングデー・キャンパスツアー
     
    A【貴重資料展】
     「細川家臣・道家(どうけ)家の幕藩初期と明治維新」
     
    ◆日時: 平成27年10月31日(土)  13:30〜
    ◆会場: 熊本大学附属図書館(中央館)
                   古文書閲覧室・ラーニングコモンズ
     
    <ご注意ください!>
    ホームカミングデー参加者のみのツアーです。
    当日、一般の方はご覧いただけません。翌11月1日から3日までの貴重資料展・開催期間にお越しください。
     
  •  
    【公開講演会・第10回永青文庫セミナー】を開催します。
     
     貴重資料展・初日に開催!
     
    演題1: 「道家家三代と天草・島原一揆」
      講師 稲葉 継陽 (熊本大学文学部教授 / 文学部附属永青文庫研究センター長)
     
    演題2: 「<肥後の維新>の主柱となった道家之山」
      講師 三澤 純 (熊本大学文学部准教授)
     
    ◇日時: 11月1日(日) 14:00-15:30
    ◇会場: 熊本大学附属図書館(中央館)1階 ラーニングコモンズ
    ◇定員: 先着140名まで
     
  • お待ちください 。
    画面が自動で切り替わらない場合はこちらをクリックしてください
  • 館内整理のため、下記期日は中央館を休館いたします。

    【休館日】 2015年9月24日(木)[終日]

    本の返却は、正面玄関の左側にあるブックポストをご利用ください。

     
    ※なお、9月19日(土)~9月23日(水)は休日開館になります。
    (12:00-18:00開館)
     
  • 平成27年9月4日(金)、蒲島郁夫熊本県知事が本学附属図書館中央館を訪れ、細川家文書を視察されました。
     
    細川家文書は、熊本藩主細川家に伝わった藩政史料はもとより、国文学、有識故実等からなる国内有数の文書群で、熊本大学が公益財団法人「永青文庫」から寄託を受け附属図書館中央館に架蔵しているものです。
     
    蒲島知事は、文学部附属永青文庫研究センターの稲葉継陽センター長から、豊臣家、徳川家と細川家の間で交わされた書状や、熊本藩や知事の出身地(山鹿市)に関わる当時の行政文書などについて説明を受けられ、「当時の歴史的背景がよく分かり大変興味深い。また、細川藩政が藩内各地から寄せられた民衆の声に対応していたことを知り、究極の地方自治を垣間見ることが出来た。県庁においても、日頃から公文書の保存の大切さを職員に伝えている。」との感想を述べられ、視察後の質疑応答では、貴重資料である同文書の研究について、今後協力したいとの発言がありました。
     
    (稲葉センター長から説明を受ける蒲島知事)
    20150904-1.JPG
     
    (視察を終え質問に答える蒲島知事)
    20150904-2.JPG
     
     
     
     
  • 館内整理のため、下記期日は中央館を休館いたします。

    【休館日】 2015年8月26日(水)[終日]

    本の返却は、正面玄関の左側にあるブックポストをご利用ください。

     
  • 展示テーマ:「熊大生活のすゝめ」
    展示期間:8月6日(木)~9月4日(金)
    場所:附属図書館中央館ロビー
     
    オープンキャンパスにあわせて、熊本大学や大学生活に関する本を集めました。
    熊大生には、こんな本もあったのかと再発見できる内容です。
    夏休みにいつもと違う視点で熊本大学と学生生活をみてみませんか。
    展示図書の一例(テーマ別)
    【熊本大学を知る】
    ・「熊本大学60年史写真集
    ・「熊本大学ブックレット」全8冊
    ・「阿蘇家文書修復完成記念阿蘇の文化遺産」熊本大学, 熊本県立美術館編
    【大学生活を探る】
    ・「好きになったら博士 : 「博士号」の使い方WOMAN」incu-be編集部編
    ・「社会人になって成功する大学生活術」岩田年浩著
    【こんな雑誌もあるんです】
    旅の手帖
    留学ジャーナル
    【熊大職員おすすめの本】
     ※熊本大学に新規採用された職員が選んだ本です。
    ・「すいかの匂い」江國香織著
    ・「くまモンの秘密 : 地方公務員集団が起こしたサプライズ」熊本県庁チームくまモン著
    図書についてはすべて貸出できます。
    雑誌は貸出できませんので、館内でご利用ください。
    20150806lobby_1.jpg 20150806lobby_2.jpg
     
  • 中央館では、8/10(月)~9/30(水)まで夏季休業中開館となります。
    この期間中、平日は17:00に閉館いたします。
    なお、土日祝日は通常通り12:00-18:00開館となります。
    
    夏季一斉休業や分館等の詳細については下記をご覧ください。
    
    ○夏季休業期間中の開館について【全館】 
    
    どうぞ、ご理解とご協力をお願いいたします。
    
     
  • お待ちください 。
    画面が自動で切り替わらない場合はこちらをクリックしてください