お知らせ

  • 第12回熊本大学東光原文学賞の受賞作品は、令和2年1月17日開催の表彰式において
    大賞1篇、優秀賞3篇が発表されました。 
     
     
    大賞1篇   「姉妹」     
     
    優秀賞 3篇 「おさむじゃない」  
           「奇妙なティータイム」
           「らせん階段のカンダタさん」  
     
    受賞作品は、令和2年3月刊行の 『第12回熊本大学東光原文学賞作品集』 (冊子)で読むことができます。
    もうしばらくお待たせしますが、どうぞご期待ください!!
     
     
     <熊本大学東光原文学賞 選考委員長>       
     跡上 史郎     熊本大学 大学院人文社会科学研究部  准教授
     
     <熊本大学東光原文学賞 選考委員(五十音順)>
     岩瀬 茂美  熊本日日新聞社 地方部長兼論説委員
     永尾  悟     熊本大学 大学院人文社会科学研究部 准教授 
     
    *作品の選考では、本名(ペンネーム含む)・所属等の作者背景は一切明かさず、小説のみにて審査されました。  
  • 本荘地区・医学系分館の時間外開館業務従事者(図書館アルバイト)を募集します。

    ※この募集の勤務地は本荘地区 医学系分館です。

    ※履歴書の提出先と問合せは、黒髪地区 中央館へお願いします。

    【職務内容】 附属図書館(医学系分館) 時間外開館勤務
        ◯開館作業・閉館作業
      ◯カウンター業務(貸出・返却・案内業務)
      ◯図書、雑誌の配架作業 ◯書架整理作業  
      ◯蔵書点検  ◯その他必要に応じた作業
     
    【応募期間】      2019年12月10日(火)~2020年1月16日(木)1月23日(木)
     
    【募集人員】      4名程度
     
    【募集対象】  学部学生および修士課程学生
          (ただし2020年度医学科5,6年生は除く)
     
    【勤務期間】      2020年4月1日(水)
                ~2021年3月31日(水)
                                             月35時間程度
    ※長期休業期間中(4月1~3日、8月11日~8月28日、
     12月21日~1月6日の予定)を除く
     
    【勤務時間】 平 日 17:00~21:15(内休憩15分)                  
               土日祝   11:30~18:15(内休憩45分)
     
    【賃 金】時 給 792円 (学部生)
                       880円 (修士課程学生)  
     
    【採用決定方法】書類選考の上、面接を実施 
     
    【応募・問合わせ先】
     熊本大学附属図書館(中央館)総務担当 木村
     電話:096-342-2213
    ※お問合せや履歴書の提出は平日9時~17時の間に黒髪地区中央館窓口へお願いします。
     
    準備中
     
  • 1月下旬より、熊本大学の定期試験が実施されます。
    試験期間前、および試験期間中は、熊大学生の図書館利用がたいへん
    多くなり、机・椅子が不足します。
    そのため下記期間中は、学外利用者の利用を制限させていただきます。
    学外利用者の皆様にはご不便をおかけしますが、
    ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

              記

    期  間:令和2年1月21日(火)~2月10日(月)
    利用制限:学外利用者の中央館への入館・資料閲覧・図書貸出など

    ※上記期間中は中央館を利用できません。

  • 「誰にも借りられたことのない本 ~最初の読者になりませんか?~」

    期間:12月18日(水)から1月末頃まで

    場所:附属図書館中央館1Fロビー/医学系分館/薬学部分館
     

    今回のロビー展示では、

    2018年度(薬学部分館は2017~2018年度)に図書館に入った本の中で、
    今までに一度も貸し出しされていなかったの本を図書館員がいくつか選んで、
    展示しております。

    展示している本それぞれの、紹介ポップも展示しております。

     

    ぜひご覧ください。

    ※展示されている図書はすぐに借りることができます。

     

    <<展示図書の一例>>
    ・『奇跡の集落 : 廃村寸前「限界集落」からの再生』 多田朋孔, 地域おこし著 農山漁村文化協会
    ・『蒸気で動く家』 ジュール・ヴェルヌ [著] ; 荒原邦博, 三枝大修訳 ; 石橋正孝解説 インスクリプト
    ・『情報爆発 : 初期近代ヨーロッパの情報管理術』 アン・ブレア著 ; 住本規子, 廣田篤彦, 正岡和恵訳 中央公論新社    
    ・『東インド会社とアジアの海賊』 東洋文庫編 勉誠出版
    ・『スウェーデンに学ぶドキュメンテーションの活用 : 子どもから出発する保育実践』 白石淑江編著 新評論
    ・『ブーレーズ/ケージ往復書簡 : 1949-1982』 ピエール・ブーレーズ, ジョン・ケージ [著] ; J.=J.ナティエ, R.ピアンチコフスキ編 ; 笠羽映子訳 みすず書房

     

    =展示風景=

    <中央館>

    2019robby4_chuoukan

    <医学系分館>

    2019robby4_igaku

    <薬学部分館>

     

  •  
    安高啓明研究室×附属図書館 連携企画展 第9弾
    【ペリー、謎多き国❝日本❞と出会う】を中央館で開催しています。
     
    館内展示(1階 ラーニングコモンズ)

    ❝嘉永3(1853)年6月、アメリカ東インド艦隊司令艦長マシュー・ペリー率いる4隻の軍艦「黒船」が、開国を求めるフィルモア大統領の国書を携え、浦賀沖に来港した。翌年に再び現れたペリーは、条約交渉を迫り、日米和親条約の締結に至る。❞

    開国の一幕として語られる「黒船来航」は、歴史教科書にも掲載される有名な事件です。しかし、幕府との交渉による条約締結の前後には、教科書には収まり切れない様々な出来事がありました。

    本企画展では、ペリー艦長の記録『日本遠征記』を取り上げ、彼の長い船路と幕末の日本を紹介します。

     
    企画展名物!『解説シート』
    今回も、学生力作の『解説シート』を無料配布します♪  
    ペリー艦長の記録『日本遠征記』より、日本の産業や風俗についての挿絵に注目しました。江戸時代の日本社会を展示と『解説シート』にてお楽しみください。
    ------
    学生が主役になれる企画展 9
     「ペリー、謎多き国❝日本”と出会う」
     
     Ⅰ ペリー艦長の長い旅
     Ⅱ ペリーが見た幕末日本
     
    期間 : 令和元年11月27日(水)~ 
    場所 : 中央館1階 ラーニングコモンズ
          
    ------
    注目資料
     
    ◆ペリー艦長と謎多き国 日本

     ペリー艦長一行が経験した極東アジア・幕末日本の姿を確認したい方は、展示会場へどうぞ!

       第9回企画展の写真
     
     
    研究代表:安高 啓明(熊本大学・准教授)
    解説シート作成:山下 葵(熊本大学大学院)
    川端 駆・山田 悠太朗(熊本大学)
     

       
     ◆◇ごあいさつ◇◆
     

     嘉永6(1853)年、マシュー・ペリー率いるアメリカ東インド艦隊が浦賀沖にあらわれたことは、日本史上において一画期となった。島原天草一揆以降、江戸幕府はオランダと中国と日本の法令を遵守することを前提に長崎で貿易し、朝鮮と琉球、蝦夷と交流することで、日本を中心として対外関係を築いていた。日本型華夷秩序“ともいうべき国際関係が、ペリーによる交易交渉の申し出により転換を余儀なくされる。日本でこれまで営まれてきた“鎖国”状態から脱することを意味し、国内は動揺することになった。

     ペリーの来航をきっかけに、日米和親条約、日米修好通商条約を締結したことで、日本は関税自主権を喪失、領事裁判権を認めるなどといった不平等な関係にあった。その後、イギリス・フランス・ロシア・オランダとも同様の条約を結ぶことになり(安政五ヶ国条約)、鎖国から開国を迎えた日本には厳しい現実が突きつけられる。政治・外交・経済にとどまらず、日本古来の文化・風俗・芸術などにも影響を与えることになった。

     こうした状況をつくったのは言うまでもなくペリーである。ペリーは海軍の軍人であるとともに、条約交渉に臨んだ外交官でもあった。その一方で、研究者としての側面もあったことはあまり知られていない。ペリーは、帰米後、米国政府の要請に応じて『日本遠征記』全3巻を1856年に編纂する。これまで日本の情報は滞在を許されていたオランダ商館員たちによるものが中心だったが、日本を目の当たりにしたペリーから発せられる内容は新しい視線を持つものとして評価されている。

     『日本遠征記』には日本の産業や風俗などを詳しく記述するとともに、その様子を描いた挿絵が所収されている。本企画展ではこの挿絵に注目し、ペリーの目に映り、海外で紹介された江戸時代の日本社会を取り上げる。現在とは異なる日本の情趣をみることで、連綿と続く日本の伝統文化と、その源流を再認識してもらえる機会となれば幸甚である。

     

     

    令和元(2019)年11月27日

     

    熊本大学大学院人文社会科学研究部

    准教授 安高 啓明

      

  • 2019年10月8日(火)から、毎週火曜日に中央館ラーニングコモンズにおいて「しんぶんカフェ in 熊大」を実施します。
     
    新聞をテキストに「社会を見つめる力」「考える力」「表現する力」を磨きます。
     
    しんぶんカフェin熊大
    講師:越地(こえじ)真一郎 先生
       (熊本大学客員教授・熊本日日新聞NIE専門委員)
     
    日時: 毎週火曜日 8:40-10:10
    • ※第1回目は10月8日(火)から始まります
    • ※祝祭日および夏季・冬季休業期間中は休み
     
    場所: 中央館1階 ラーニングコモンズ グループ学修室3
     
    • ・随時参加・途中退席可能です。
    • ・学部・学年は問いません。
    • ・他大学の学生及び社会人も参加可能です。入館の際にカウンターで手続きをお願いします。
    • ・当日の新聞(熊本日日新聞)を全員に配布します。
     
    しんぶんカフェポスター
    ポスター
                 
     
    問い合わせ
    熊本大学創生推進機構
    096-342-2044
     
     
     
     
     
     
  • 大江地区 薬学部分館では、2階閲覧室をリニューアルしました。

     

    座席数(5テーブル 20席)を増やし、書架を撤去して明るく開放的にしました。

    2階には新着図書(最新5年分)のみを配架し、それ以前の図書は1階に配架しました。

    授業の予習・復習や各種の勉強にご活用ください。

     

    準備中

  • 熊本大学附属図書館では、平成28年熊本地震に関連する資料を収集し、中央館で公開しています。
     
    この度、熊本県・熊本市の広報紙やフリーペーパー等タブロイド判サイズの資料の整理が終了し、「タブロイド資料」として利用を開始します。
    タブロイド資料は熊本大学OPACでは検索できません。 一覧はPDFファイルでご覧いただけます。
     
    また、 2016年4月15日~2017年4月30日の朝日新聞・毎日新聞・読売新聞・産経新聞・西日本新聞・日本経済新聞・日刊工業新聞・The Japan Times・The New York Times International Weekly についても、利用を開始します。
     
    これらの資料は一般利用者の立ち入りができない「中央館・北書庫」で保存していますので、ご利用の際は、事前に中央館カウンターにご相談ください。
     
    また、図書館ホームページの「コレクション」内に「熊本地震ライブラリ」のページを作成しました。熊本大学OPACで検索できない資料については、PDFファイルのリストを公開しています。
     
    熊本地震ライブラリは、今後も熊本地震に関する資料を収集していきます。
    引き続き、皆様からの資料・情報のご提供をお願いします。
     

    【新聞およびタブロイド資料の利用について】

    ①利用希望日の前日(平日)12時前までに下記連絡先へ、氏名、連絡先、利用を希望する資料(例:○○新聞 ****年**月**日 朝刊)、利用希望日を連絡する。
    ※受付は平日のみとなり、土日・祝日・休館日は受け付けておりません。
    ※利用を希望する資料の量が多くなる場合には、早めにお申し込みください。

    --
    【連絡先】
    tos-sougo※jimu.kumamoto-u.ac.jp
    (※「あっと」を「@」に換えて送信ください)
    --
     
    ②希望日に附属図書館中央館へ来館し、カウンターで利用について事前の連絡をしていたことを伝え、資料を受け取る。
     
    ③受け取った資料は館内の所定の場所で閲覧する。利用後はカウンターへ資料を返却する。
    ※閲覧時には資料利用票に必要事項を記入いただきます。
  • 第12回 「熊本大学東光原文学賞」は厳正なる選考の結果、受賞作品4篇が決定しました。

     
     ◇大 賞 1篇 
     ◇優秀賞 3篇
     

     大賞・優秀賞は、

    令和2年1月17日(金)11時の表彰式において発表します!

     
    附属図書館(中央館)1階ラーニングコモンズにて、表彰式を執り行います。
    どなたでもご参加いただけますので、11時までにグループ学修室3へお越しください。
     

     

                 第11回熊本大学東光原文学賞作品集(表紙)

    **第12回 「熊本大学東光原文学賞作品集」は、2020年3月に刊行予定です。お楽しみに♪
     
  • 第12回 「熊本大学東光原文学賞」は厳正なる選考の結果、受賞作品4篇が決定しました。

     
     ◇大 賞 1篇 
     ◇優秀賞 3篇
     

     大賞は、令和2年1月17日(金)11時〜 の表彰式において発表します!

     
    附属図書館(中央館)1階ラーニングコモンズにて、表彰式を執り行います。
    どなたでもご参加いただけますので、11時までにグループ学修室3へお越しください。
     

     
    enlightened現在、第11回 「熊本大学東光原文学賞」の受賞作を掲載した本を配布中です。             
      中央館・医学系分館・薬学部分館等で、ご自由にお持ちください。(無料)
     

                 第11回熊本大学東光原文学賞作品集(表紙)

    **第12回 「熊本大学東光原文学賞作品集」は、2020年3月に刊行予定です。お楽しみに♪