お知らせ

  • 令和元年!新しいことを始めませんか? 創作活動にチャレンジ!
     第12回 熊本大学東光原文学賞 小説・大募集! 
     
    「熊本大学東光原文学賞」は、熊本大学の学生(大学院生、留学生を含む)を対象とした文学賞です。
    大賞・
    優秀賞
    大賞 1編     正賞:表彰状
                          副賞:図書カード20万円
    優秀賞 3編 正賞:表彰状
                          副賞:図書カード5万円 
    締  切 令和元(2019)年11月6日(水)17時必着
    発表・
    表彰式
    令和2(2020)年1月17日(金) 11:00開始
     (対象の方へは、12月下旬までに連絡しますので出席をお願いします。)
    応募資格 熊本大学学生(大学院生・留学生を含む)
    ジャンル 小説(日本語)
     
    ・未発表の作品に限ります。  
     (同人誌やWebなどで既に公表したものは対象外
    ・1人1篇の応募とします。
    詳細は「募集要項」(pdf) をごらんください。
      応募用紙は(PDF) (wordと同じ内容)でも確認できます。
     応募時に別ファイルで送付しても、原稿末尾に同じ内容を付記してもかまいません。
     応募者の個人情報は、本文学賞以外の目的で使用することはありません
          

    文学賞・よくある質問(FAQ)

     
    Q1 「東光原文学賞」*とはなんですか?
    A1 正式には「熊本大学東光原文学賞」で、熊本大学附属図書館が主催する文学賞です。
      熊本大学の学生(大学院生・留学生を含む)が応募できます。
       応募作品の中から、大賞・優秀賞が選ばれ、正賞・副賞を進呈します。
       【大  賞】 正賞:表彰状   副賞:20万円分の図書カード
       【優秀賞】  正賞:表彰状   副賞:5万円分の図書カード
     *「東光原文学賞」の名称は、現在の附属図書館(中央館)の敷地一帯が、旧制第五高等学校時代に「東光原」と称する運動場であったことに由来します。
     
    Q2 「熊本大学東光原文学賞」には、誰でも応募できますか?
    A2 熊本大学の学生(大学院生・留学生を含む)を対象としています。卒業生を含む一般の方は、応募できません。
     
    Q3 「熊本大学東光原文学賞」へ応募しましたが作品が届いているのか不安です。確認方法はありますか?
    A3 作品が担当へ届いた後、土日祝日を除く3日以内に、受領メールを送信します。期日を過ぎても受領メールが届かない場合は、中央館カウンターもしくは電話(096-342-2212)で直接お問い合わせください。平日の8:40 - 17:15にお願いします。
     
    Q4 東光原文学賞の受賞作品は、どのように選考されていますか?
    A4 一次選考と二次選考で決定しています。
    1.一次選考では、図書館職員数名が全作品を読みます。職員複数名の意見が一致した作品と、個人推薦(1作品のみ)の作品を含め8~10作品を審査員へ推薦します。
    2.二次選考は、審査員(本学教員・学外有識者)が推薦された作品を再度選考します。審査員全員が集まる選考委員会において、受賞作品が決定します。
     
    Q5 受賞作品に選ばれた後、応募作の誤植等を訂正する機会はありますか?
    A5 作品集の印刷前に、誤字脱字等の軽微な修正をお願いしています。(内容の修正はできません。)
     
    Q6 受賞作品を発表する前に、ペンネームを変更することはできますか?
    A6 作品集の印刷前であれば、変更は可能です。
     
    Q7 受賞しなかった作品を、後日web等で発表することはできますか?
    A7 令和2年1月17日の表彰式で受賞作品を公表した後は、web等で発表できます。
    (受賞作品の著作権は、熊本大学附属図書館に帰属します。)
  • 7月下旬より、熊本大学の定期試験が実施されます。
    試験期間前、および試験期間中は、熊大学生の図書館利用がたいへん
    多くなり、机・椅子が不足します。
    そのため下記期間中は、学外利用者の利用を制限させていただきます。
    学外利用者の皆様にはご不便をおかけしますが、
    ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

              記

    期  間:令和元年7月22日(月)~令和元年8月9日(金)
    利用制限:学外利用者の中央館への入館・資料閲覧・図書貸出など

    ※上記期間中は中央館を利用できません。

  • 今年の夏休みは、空いてる時間を図書館アルバイトで有効活用しませんか?

    「学内ワークスタディ」対象者限定で、募集します。
     
    【募集期間】令和元年8月2日(金)締切
     応募者多数の場合は早めに締め切ります。お早めにお申し込みください。
     
    【「学内ワークスタディ」対象者限定】
     ①熊本大学の学部学生および修士課程学生
     ②本年度に本学の授業料免除(全額または半額)を受けている方
     ③勤務期間中、週に3日以上勤務できる方 (勤務日は相談可)
     
    ※この募集の勤務地は黒髪北地区 中央館です。
     
    【勤務期間】令和元年8月19日から9月下旬まで
     詳細は、募集ポスターをご覧ください。
     
     ♪募集ポスター(PDF)
     
        *申込書は中央館にも置いています。
     
    アルバイト募集
     
     
    【問合わせ】
     熊本大学附属図書館(中央館)総務担当
     096-342-2213
     *平日9時~17時にお願いします。
     
     
     
  • 熊本大学附属図書館では、平成28年熊本地震に関連する資料を収集し、中央館で公開しています。
     
    この度、熊本県・熊本市の広報紙やフリーペーパー等タブロイド判サイズの資料の整理が終了し、「タブロイド資料」として利用を開始します。
    タブロイド資料は熊本大学OPACでは検索できません。 一覧はPDFファイルでご覧いただけます。
     
    また、 2016年4月15日~2017年4月30日の朝日新聞・毎日新聞・読売新聞・産経新聞・西日本新聞・日本経済新聞・日刊工業新聞・The Japan Times・The New York Times International Weekly についても、利用を開始します。
     
    これらの資料は一般利用者の立ち入りができない「中央館・北書庫」で保存していますので、ご利用の際は、事前に中央館カウンターにご相談ください。
     
    また、図書館ホームページの「コレクション」内に「熊本地震ライブラリ」のページを作成しました。熊本大学OPACで検索できない資料については、PDFファイルのリストを公開しています。
     
    熊本地震ライブラリは、今後も熊本地震に関する資料を収集していきます。
    引き続き、皆様からの資料・情報のご提供をお願いします。
     

    【新聞およびタブロイド資料の利用について】

    ①利用希望日の前日(平日)12時前までに下記連絡先へ、氏名、連絡先、利用を希望する資料(例:○○新聞 ****年**月**日 朝刊)、利用希望日を連絡する。
    ※受付は平日のみとなり、土日・祝日・休館日は受け付けておりません。
    ※利用を希望する資料の量が多くなる場合には、早めにお申し込みください。

    --
    【連絡先】
    tos-sougo※jimu.kumamoto-u.ac.jp
    (※「あっと」を「@」に換えて送信ください)
    --
     
    ②希望日に附属図書館中央館へ来館し、カウンターで利用について事前の連絡をしていたことを伝え、資料を受け取る。
     
    ③受け取った資料は館内の所定の場所で閲覧する。利用後はカウンターへ資料を返却する。
    ※閲覧時には資料利用票に必要事項を記入いただきます。
  •  
    2019年4月17日(水)から、毎週水曜日に中央館ラーニングコモンズにおいて「しんぶんカフェ in 熊大」を実施します。
     
    新聞をテキストに「社会を見つめる力」「考える力」「表現する力」を磨きます。
     
    しんぶんカフェin熊大
    講師:越地(こえじ)真一郎 先生
       (熊本大学客員教授・熊本日日新聞NIE専門委員)
     
    日時: 毎週水曜日 8:40-10:10
    • ※第1回目は4月17日(水)から始まります
    • ※祝祭日および夏季・冬季休業期間中は休み
     
    場所: 中央館1階 ラーニングコモンズ グループ学修室3
     
    • ・随時参加・途中退席可能です。
    • ・学部・学年は問いません。
    • ・他大学の学生及び社会人も参加可能です。入館の際にカウンターで手続きをお願いします。
    • ・当日の新聞(熊本日日新聞)を全員に配布します。
     
    しんぶんカフェポスター
    20190404_SinbunCafe.png
                 
     
    問い合わせ
    熊本大学創生推進機構
    096-342-2044
     
     
     
     
     
     
  • 安高啓明研究室×附属図書館 連携企画展 第7弾
    【天草と「島原大変」 ~「島原大変肥後迷惑」の記録と記憶Ⅱ~】を中央館で開催しています。
     
    館内展示(1階 ラーニングコモンズ)

    寛政4 (1792) 年、普賢岳噴火に伴う眉山の山体崩壊により大津波が発生すると、その影響は対岸の天草・熊本にも及び、甚大な被害をもたらしました。

    企画展Ⅳ―「島原大変肥後迷惑」の記録と記憶―では島原の被災の記録と供養塔を取り上げました。それを受けて本企画展では、天草側に分布する供養塔を取り上げ、「島原大変肥後迷惑」が天草にもたらした影響と、その記憶の継承を紹介します。

     
    企画展名物!『解説シート』
    今回も、学生力作の『解説シート』を無料配布します♪  天草供養塔分布マップや、供養塔の拓本をご覧ください。
    ------
    学生が主役になれる企画展 7
     天草と「島原大変」~「島原大変肥後迷惑」の記録と記憶Ⅱ~
     
     Ⅰ 天草の供養塔の分布
     Ⅱ つなぐ記憶と供養塔
     
    期間 : 平成31年3月29日(金)~7月30日(火) 
    場所 : 中央館1階 ラーニングコモンズ
     
    注目資料

    ◆『肥後国絵図』

     作成:不明 年代:元治2(1865)年 所蔵:安高啓明研究室
    <江戸時代、肥後国(熊本・天草)の行政地区を記した絵図。現在の地図と異なり、南側が上を向いています。>

     

    ◆『天草供養塔分布マップ』

    20190401_amakusa.jpg
     
     魅せる展示の工夫がいっぱいです♪
     『解説シート』と一緒にお楽しみください。
    ------
     
     
    研究代表:安高 啓明(熊本大学大学院准教授)
    解説シート作成:長屋 佳歩(熊本大学大学院)
    山下 葵(熊本大学大学院)
    川端 駆(熊本大学)
     

       
    ◆◇ごあいさつ◇◆
     
     

    雲仙岳では寛政3(1791)年から地震が頻発、住民が不安を抱えるなか、寛政4(1792)年1月18日には噴煙があがった。この噴火によって、溶岩が周辺地域に流れ、その後も、有感地震はおさまる兆しがなかった。こうして、4月1日夜、島原地方を大規模地震(マグニチュード6.4)が襲う。これにより、雲仙岳の東側にある眉山の山体崩落が起こり、土石流が有明海に流れ込んだ。

     すると、大津波が発生し、天草や熊本、宇土、玉名、荒尾などにも被害をもたらした。これにより、約15,000人もの死者や多くの負傷者を出し、家屋・蔵が流失、牛馬も流死した。島原半島にとどまらず、対岸の熊本にも被害を及ぼしたことから、この一連の被災は「島原大変肥後迷惑」と言われた。未曾有の被害をもたらした災害を後世に伝えるため、数多くの記録物が作成され、被災地には、流死者を悼んだ供養塔も建立された。これらの供養塔は、島原藩が命じたもの、村の有志によるもの、僧侶が建立したものなどが現存している。

     雲仙普賢岳は平成2(1990)年11月17日に噴火したことを機に、翌年5月15日には水無川で土石流が発生し、6月3日の大規模火砕流では、43名の死者・行方不明者があった。また、平成28(2016)年4月14日、同月16日に発生した熊本地震は、我々の記憶に新しい。島原・天草・熊本では、近年、幸いにも津波被害は出ていないが、かつての災害の史実を認識しておくことは、防災意識を醸成するうえでも肝要である。

     本企画展は、船の科学館・日本財団の海の学び調査・研究サポート「長崎・熊本両県における自然災害(地震・噴火・津波)に関する総合調査―寛政4年「島原大変肥後迷惑」の文献・慰霊碑を中心に―」(研究代表:安高啓明)の助成をうけて実施することができた。調査研究分担者の松本博幸(天草市)・吉田信也(島原市)には多大なご協力を得た。また、日本史研究室に所属し、将来、学芸員への就業を希望する大学院生・学部生も、調査から展示に至るまで参加し、実践教育の機会として本事業を実施することができた。本事業にご協力いただいた関係各位に衷心よりお礼申し上げる。

    平成31年3月29日
    熊本大学大学院人文社会科学研究部
    准教授 安高啓明
     
  • 中央館では7月8日(月)から12日(金)まで、留学生向け「本と論文の探し方」個別相談会を実施します。
     
    レポートや論文を書くときに使う本や論文を探すお手伝いをします。参加を希望する方は、図書館ホームページで予約をしてください。お申込みの際に、専門分野・知りたい内容・資料を探すときに困っていることなどを教えてください。
     
    開催期間 Date
    2019年7月8日(月)~ 12日(金)
    July 8(Mon) - 12 (Fri)
     
    開催時間帯 Time
    10:30-11:30
    13:00-14:00
    14:30-15:30
     
    開催場所 Place
    中央館 1階レファレンスデスク (黒髪キャンパス)
    Reference Desk in the Central Library 1F (Kurokami Campus)
     
    対象
    留学生
    International Students
     
    定員
    各回1~2名
     
    使用言語 Language
    日本語
    Japanese
     
    受講申し込み Reservation
    申し込みフォームから予約をしてください。

    ※完全予約制です。かならず前日17時までにお申し込みください。
    ※先着順に受付をします。希望の時間帯に相談できない場合があります。
    ※予約をキャンセルする時は、図書館にメールを送ってください。

    Please make a reservation  by 5:00 P.M. of the day before.
    We will handle inquiries on a first-come and first-served basis.
    When you cancel the session, you must send to e-mail to central library.
     
    日本語版英語版

     

    問合せ先 Contact
     
     
     
     
  • 【前期は終了しました】

    前期のラーニング・カフェは終了しました。ご参加ありがとうございました。

    --------------------------------------

    本荘地区 医学系分館 ラーニングコモンズでは、2019年度より「ラーニング・カフェ」を開催しております。

     
    「ラーニング・カフェ」では、さまざまな若手の先生方に、生物学をテーマとした熱いトークや研究秘話をお話しいただきます!
     
    大学ではじめて生物学を学ぶ方、生物学に興味のある方など、みなさんのご参加をお待ちしております。
     
    今後のラーニング・カフェの予定はこちらです。
    なお、先生方のお話のほかに、先輩たちの学習相談会も開催予定です!
     
    ラーニング・カフェ(医学系分館1階ラーニングコモンズ)
     
    場所:医学系分館1階 ラーニングコモンズ(本荘地区 医学教育図書棟1階)
    時間:原則として木曜15:00~
     
    • ・随時参加・途中退席可能です。(予約不要)
    • ・対象:医学部一年生(その他生物学に興味のある方)
    • ・学習相談会も開催予定です。

     
     
    ☆★2019年より、医学系分館では学生・教職員の要望を受け、学生の主体的な学びの場として、 第一閲覧室をラーニングコモンズとして運用することとなりました。★☆
     
    問い合わせ
    医学系分館
    096-373-5035
     
    ※医学系分館ではペットボトルや水筒などのねじ式蓋のドリンク持込は可能です。
    (コンビニや自販機のカップ飲料の持ち込みはお断りしております。)
  •  
    本荘地区 医学系分館 ラーニングコモンズでは、2019年度より「ラーニング・カフェ」を開催しております。
     
    「ラーニング・カフェ」では、さまざまな若手の先生方に、生物学をテーマとした熱いトークや研究秘話をお話しいただきます!
     
    大学ではじめて生物学を学ぶ方、生物学に興味のある方など、みなさんのご参加をお待ちしております。
     
    第6回ラーニング・カフェ(医学系分館1階ラーニングコモンズ)
     
    講師:諸石 寿朗先生(熊本大学大学院生命科学研究部 分子酵素化学講座 准教授
     
    ★☆からだの恒常性を維持する仕組みを研究されています
     
    テーマ: 「医学部卒業後のキャリアパス –研究医という選択–」
     
    日時:2019年6月27日 15:00より
     
    場所:医学系分館1階 ラーニングコモンズ(本荘地区)
     
    • ・随時参加・途中退席可能です。(予約不要)
    • ・対象:医学部一年生(その他生物学に興味のある方)
     
    第6回 ラーニング・カフェポスター
    20190404_SinbunCafe.png
     
    ※ラーニングカフェでは、医学部一年生を対象とした学習相談なども実施しております。
     
    ~2019年より、医学系分館では学生・教職員の要望を受け、学生の主体的な学びの場として、 第一閲覧室をラーニングコモンズとして運用することとなりました。~
     
     
    問い合わせ
    医学系分館
    096-373-5035
  •  

    今年度の募集は終了しました。
    ----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
    熊本大学黒髪地区 研究者のみなさまへ

     
    中央館において、「教員による学生図書の推薦」を実施しますので
    ぜひご推薦ください。
    ご推薦いただいた図書は購入後、中央館に配架します。
    上限はお一人3万円(目安)で、附属図書館の予算で購入します。
    受付期間は7月1日まで。
     
     
    推薦方法
    1. 依頼文[PDF]をご確認のうえ
    2. 推薦書[EXCEL] [PDF]に必要事項を入力/記入後、
    3. 下記担当宛にメールまたは学内便等でお送りください
    【提出先】
    教育研究支援部図書館課図書担当(内線2221)
    Mail  :tos-tosho[at]jimu.kumamoto-u.ac.jp
     ※[at]は@へ置き換えて送信願います
     ※昨年とは送付先が異なっておりますのでご注意ください
     
     
    ※予算の範囲内での整備となりますので、今年度中に購入できない
    場合もありますことをご了承ください。
     
    一冊のみの推薦でも大歓迎です。
    多数の推薦をお待ちしております。