中央

  • 熊本大学附属図書館では、平成28年熊本地震に関連する資料を収集し、中央館で公開しています。
     
    この度、熊本県・熊本市の広報紙やフリーペーパー等タブロイド判サイズの資料の整理が終了し、「タブロイド資料」として利用を開始します。
    タブロイド資料は熊本大学OPACでは検索できません。 一覧はPDFファイルでご覧いただけます。
     
    また、 2016年4月15日~2017年4月30日の朝日新聞・毎日新聞・読売新聞・産経新聞・西日本新聞・日本経済新聞・日刊工業新聞・The Japan Times・The New York Times International Weekly についても、利用を開始します。
     
    これらの資料は一般利用者の立ち入りができない「中央館・北書庫」で保存していますので、ご利用の際は、事前に中央館カウンターにご相談ください。
     
    また、図書館ホームページの「コレクション」内に「熊本地震ライブラリ」のページを作成しました。熊本大学OPACで検索できない資料については、PDFファイルのリストを公開しています。
     
    熊本地震ライブラリは、今後も熊本地震に関する資料を収集していきます。
    引き続き、皆様からの資料・情報のご提供をお願いします。
     

    【新聞およびタブロイド資料の利用について】

    ①利用希望日の前日(平日)12時前までに下記連絡先へ、氏名、連絡先、利用を希望する資料(例:○○新聞 ****年**月**日 朝刊)、利用希望日を連絡する。
    ※受付は平日のみとなり、土日・祝日・休館日は受け付けておりません。
    ※利用を希望する資料の量が多くなる場合には、早めにお申し込みください。

    --
    【連絡先】
    tos-sougo※jimu.kumamoto-u.ac.jp
    (※「あっと」を「@」に換えて送信ください)
    --
     
    ②希望日に附属図書館中央館へ来館し、カウンターで利用について事前の連絡をしていたことを伝え、資料を受け取る。
     
    ③受け取った資料は館内の所定の場所で閲覧する。利用後はカウンターへ資料を返却する。
    ※閲覧時には資料利用票に必要事項を記入いただきます。
  • 7月20日(月)以降も、状況に応じて時間短縮を継続する可能性があります。

  • 7月22日(水)は館内整理日のため、12時から開館します。

  • (2020年6月18日10:10追記)

    作業が完了したため、利用制限を解除しました。通常どおり地下書庫を利用することができます。

    ご協力ありがとうございました。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    施設内環境整備(燻蒸)に伴い、下記のとおり中央館地下書庫の利用を制限します。

    地下書庫の資料を利用する予定がある方は、制限期間前後にご利用ください。

    ご協力よろしくお願いします。

        記

    6月12日(金)13:00~6月19日(金)17:00

    地下書庫に入庫できません。

    ※整備作業は予定より早く終了する場合があります。