オンライン貴重資料展「甦った絵図と古文書」特設サイト公開中【11/4~】

令和2年秋の附属図書館貴重資料展は、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、来場者の健康・安全面を第一に考慮した結果、開催を中止としました。

直接来場いただかなくても貴重資料展をお楽しみいただけるように、今年はオンライン開催へ変更し、特設サイトを設けました!

オンライン貴重資料展特設サイトへ

細川藩第一家老・松井家に伝わる文書の中から、保存のため修理した資料を初公開します。

厳選した3点(絵図1点・古文書2点)の画像は、修復前と修復後の画像を、わかりやすく比較できるように工夫しています。

絵図
肥前国有馬城之絵図<ひぜんのくに ありま しろのえず>
古文書
細川忠興駿河御普請中掟<ほそかわただおき するが ごふしんちゅう おきて>
細川家老衆廻状(千代姫様へ御礼申上次第)<ほそかわ かろうしゅう かいじょう (ちよひめさま へ おんれい もうしあぐる しだい)>

ご自身が装潢師(文化財の保存修理を専門的に行っている修理技術者)になった気分で、修復前と修復後の画像を比較しながらご覧ください。
稲葉継陽 永青文庫研究センター長の解説付きで、お楽しみいただけます!

オンライン貴重資料展「甦った絵図と古文書」特設サイトへはこちらから↓

オンライン貴重資料展特設サイトへ